長く尾を引いた赤い光

数年前の夏、友達とイギリスに行った時のこと。
コンウォール半島の田舎の古いレストランで遅い夕食を食べていると、友人が怪訝そうな顔で「アレ何だろ」と、店の隅にある大きな窓を指さした。
見ると、リボンのように長く尾を引いた赤い光が2筋、暗い裏庭で絡み合うように泳いでいる。

私:「ホタル?」

友達:「あんなに大きいホタルはいないよ、何かのライトの反射じゃない?」

私:「午前中雨だったからリンってことないかなぁ?」

などと言いつつ二人でしばらく眺めたが、やっぱり正体がわからない。

閉店間際で客は私達しかいなかったが、呼べば聞こえる場所に店の人がいるし、裏庭まで距離があるので別に怖いとは思わなかった。

友達:「人魂かもよ」

私:「きゃー、幽霊??」

そんな感じでふざけながら私たちは席を立ち、レジで支払いを済ませた。

で、何事もなく店を出ようとしたんだけど、友人が突然「うっ!!」って固まった。
「うん?」と友人の視線の先を追って、私も息を呑んでしまった・・・。

裏庭にいるとばかり思っていた赤い光が、窓の上の天井際を漂っている。

私たちは黙って店を出て、暗い道を小走りでB&B(朝食付き民宿)に帰った。

あの人魂?は最初から窓の内側、つまり店の中にいたのかもしれない。

あまりにもはっきり見えていたので、意外と冷静でした。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!