死んだ友達に見えた

昔の話。
石の思い出。

同僚と3~4人で山に登ったときのこと。
なだらかな山道をみなでワイワイ言いながら歩いていると路傍に大きな岩があり、その平らになった表面に仏様が彫ってあった。

長年、風雨にさらされて、表情もなんとか目鼻だちがなんとか分かるぐらいになっていた。

ふと、ほぼ線だけだけになった目鼻の顔をみていると、急に何ともいえないような心をつぶされるような気持ちになってきた。

その顔が表情を持ち始めたように見えてきた。
しかも、それが最後まで和解することなく死に別れた父の顔に見えてきた。

下山後、同僚の一人が「あの仏様、昔、死んだ友達に見えた」と言うや他の同僚も、『死別した母に見えた』と言い、またある者は『可愛がってた犬に見えた』と言う。

みんな驚いていたが、そんなこともあるのだろう・・・ということで終わったが、ある時同じような体験をした人に会った。

しかし、その人が見たのは、夕暮れせまる闇のなかで目が赤く光り、何とも言えない禍々しい悪鬼の顔だったと言う。

あの仏像が仏なのか魔なのか今もわからない。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!