「おーい」と呼ぶ声がした

先輩の話。

一人で夏山を縦走していた時のこと。
踏み分け道を外れた辺りから、「おーい」と呼ぶ声がした。
誰か怪我でもしたのかと思い、「どうしましたー?」と返しながら声に近づく。
返事がないことを訝りながら進むうち、開けた場所に出た。

誰もいない。

大きな灰色の石が一つ、広場の真ん中にポツンとあるだけだ。
奇妙なことに石の表面には、破れかけた御札が何枚も貼られてある。
声はここらから聞こえたはずだけど・・・。
辺りを見回していると、突然大声が響いた。

「おーいっ!」

間違いなく、目の前の大石からその声は発せられていた。
くるりと踵を返すと、道まで一目散に駆け戻ったそうだ。

また別の先輩の話。

一人で山奥に籠もっていた時のこと。
そろそろ寝るかと、焚き火を落とす準備をしていると、突然声が掛けられた。
「おーい」樹上から誰かが呼んでいる。

こんな場所でこんな時間に、一体誰だ?
顔を上げたが、明かりの届く範囲には誰の姿も見当たらない。

と次の瞬間、気が付いてしまった。

かなり離れた場所の木々の影、それよりもっと高い位置で、緑に輝く二つの点。
非常に大きな何かが、ずうっと上の方から、彼を静かに見下ろしていた。

腰が抜けた。
身動ぎ一つ出来ないまま、震える視線を足下に向ける。
どれくらい経っただろうか。再び顔を上げると、いつの間にか、緑光は見えなくなっていた。
その後はもう一睡も出来ず、夜が明けるや一目散に下山したのだそうだ。

仕事仲間の話。

山奥の現場でポンプを調整していると、どこからか「おーい」と呼び掛けられた。
顔を上げて周囲を見たが、彼以外に誰もいない。
尚も繰り返す呼び掛けに「誰か呼んだかー?」と声を張り上げた。

次の瞬間、激痛が彼を襲った。

手首が焼けるように熱い!

腕時計が白熱したのだと頭が理解する前に、それを剥ぎ取って投げ捨てていた。
地に落ちた腕時計はジュッ!と音を立て、微かに陽炎を発していたらしい。

気が付くと、傍らの工具箱が飴のように変形して柔らかくなっていた。
金気の工具類が、軒並み手で触れないほどの高温に達していたためだった。
気が付くと、声は聞こえなくなっていた。

「でもその日はずっとね、金属に手を触れるのが怖かったよ。いや、声と熱が関係あるのかはわからないけどな」

左手首に付いた腕時計大の火傷を見せてくれながら、彼はこの話をしてくれた。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!