お母さん助けて

母が亡くなった一週間後に疲れから高熱を出して寝込んだ。

「お母さん助けて」と、思った時に両腕が、すっと上に引っ張られてそのまま3時間、明らかに母に手を握りしめられてる感覚がした。

その後、腕が自然に動き指先で平仮名で文字を綴り始めた。
処分して欲しいもの、気になっている物の場所など教えてくれた。

気持ち良くて眠ってしまい、朝になったら嘘のように熱が引いていた。

母に教わった場所を探したら、言われた通りのものが出てきたので、びっくりした。
でも護ってもらえてると思ったら、すごく気持ちが安らいだ。

母1人子1人で、ずっと生きてきたから、よほど心配してくれているのだと思う。

心配かけないようにしなくちゃな・・・。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!