体温が下がっている

後輩の話。

彼のお父さんが、一人で初秋の山に入っていた時のこと。
ある夜中、とてつもない悪夢に襲われた。
夢の内容はまったく思い出せないのだが、非常に恐ろしく気持ちの悪いものであったらしい。
意識のどこかで「これは夢だ」とはっきり判っているのに、自力で覚めることが出来ず、どんどんと胸が苦しくなっていった。
夢の中であるのに、実際の体温が下がっているのが判ったという。

これは危険だ!

何とか目覚めようと苦闘していると・・・唐突に、何く音がした。
続いて湿った物が地に落ちる音。
音を聞いた途端、はっきりと目が覚めた。
苦しさは幻のように消えていた。
思わずテントの外を覗いたが、闇の中には何も見えなかった。

翌朝。
テントの傍に奇妙な物が落ちていた。
白い破魔矢(はまや)と、赤黒い柘榴(ザクロ)の実が一つ。
柘榴は破魔矢に貫かれて、ばらばらに弾けていた。

柘榴はその場に埋めて、破魔矢は大切に持ち帰ったという。
今でも後輩の実家の神棚には、その破魔矢が大切に祀られているのだそうだ。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!