ミニチュアの家

親父から聞いた、今はもういない山梨のおじいちゃんの話です。

おじいちゃんは戦中に安く山を買うことができ、5つほどの山を所有していました。
戦後は山の管理にいそしみ、仕事はしておらず、一日中山にいたそうです。

ある日、あまり行く機会が無い一番遠い山に野犬が大量発生していると聞き、数ヶ月ぶりに調査に行くことにしたそうです。
車道がなかったそうなので、歩きでの調査、往復に数日はかかります。
道中、途中にある小屋で一晩を過ごし、明け方にまた歩を進めました。

木々生い茂る山の中、早朝ということもありまだ薄暗い。
数時間歩いた後、異様な光景に驚きました。

突然、視界にミニチェアのように小さい2階建ての家が現れたのです・・・。

コンクリで出来たその家はきちんと1階、2階と窓があり、ガラスもはまっていて、子供しか入れないような小さいドアもある。
背伸びをすれば屋根にも手が届き、窓にはカーテンがかかっていて中は見えない。
高さ1m程のドアにはドアノブがくっついていて、鍵がかかっているのか開かない。

自分の山の中に見知らぬ小人が住むような建物がある・・・。

山の隅々まで点検して買っている訳ではないので、もしかすると売り主がこういう建物があることを黙っていたのか?
しかし、車道もつくっていない山の奥に誰が何のためにつくったのか?

調査を終えて帰宅後、売り主に連絡を取ってみたが、知らないと一点張り。
結局放置してしまったそうです。

で、おじいちゃんが死ぬ間際に、その話を繰り返し親父に聞かせたそうなんです。

おじいちゃん:「ドアノブまで小さかったことが奇妙だ・・あれは一体なんだったんだ・・絶対に今でもあるはずだから、確認してきてくれ」

と繰り返し言われたそうなんですが、ボケたのかと思ってた親父は結局行かずじまい。
オレが小学校に上がるころに、山は他人に売ってしまったらしいです。

怖いというか不思議な話でした。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!