音がついてくる

知り合いの話。

彼の義理の父親は猟が好きで、地元の猟友会に所属している。
仲間数人で小規模な巻狩りをおこなった時のこと。

猟銃を抱え、勢子が獲物を追い立ててくるのを待っていると、リン、という鈴の音が聞こえた。

さては熊除けに鈴を付けた登山者でも迷い込んだか??

そう考えているうち、どんどん音は近づいてきた。
しかし鈴の持ち主の姿は一向に見えない。

さすがに不気味に思い始める頃、別の方向からも鈴の音が聞こえてきた。

リン、リン、リン、リン

気がつくと義父は四方を鈴の音に囲まれていた。
震える手で無線を操り、仲間に状況を知らせる。

「皆でそこに行くから動くな」

見知った顔が視界に現れるまで、非常に心細かったという。

皆が揃うと、そこで山を降りることになった。
鈴音も周りを取り囲みながら、ぴったりと着いて来る。
麓付近の沢を超えた時、音はぱったりと着いて来なくなった。

「流れ水は渡れない輩だったか」

誰かがそう言って息を吐いた。

呆れたことに、義父らはそれ以降もその山で、度々狩りをおこなっている。
もっとも奇妙な物に出くわしたのは、その時以外ないそうだ。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!