不思議な現象が起きる三叉路

A県の某市には、一見何の変哲もない三叉路が設けられている区画がある。
ところがこの三叉路、時折不可解な現象が起きるらしい。

三叉路は、傍から見ても特に不思議な様子はない。

2つの道はそのまま別の通りに抜けることが可能で、近隣住民もよく利用している。
そして、残る1つの道は、三叉路に差し掛かる前に、数メートル進めば行き止まりであるということが夜道でも確認できる。

当然、すぐにバックしなくてはならないので、この道を利用する者はいない。

しかしおかしなもので、近所の住民はこれまでに何度も、この三叉路の行き止まりの道を、スピードを緩めずに走り抜けようとする車を見ているのだ。

目撃者らはその都度「あ、ぶつかる!」と緊張するが、何故か激突音なんて聞こえてこない。

慌てて外に出て確認しても、件の三叉路には何の異常もなく、ここに入ったはずの車の影すらないというのである。

この現象が発生するのは、決まって深夜帯。
もしかすると、住民が度々目撃している車両は、この世のものではないのかも知れない。

もしかしたら真夜中に限って、この三叉路の行き止まりのはずの道は、全く別の場所へのゲートの役割を果たしているのかも知れない。

その場合、誤ってゲートに入ってしまった車とドライバーは、一体どうなってしまうのだろうか。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!