山での遺留品

先輩の話。

一人山中で露営していた時のこと。
夜中にザッザッザッ・・・という、砂を踏みしめる音で目が覚めた。
何かがツェルトの周りを歩き回っている。
どうやら、音を立てている主は複数いる様子だ。

狸かな?寝袋に包まって考えていると、いきなり音はピタリと止んだ。
同時に何やらブツブツ呟く声が前後左右から聞こえだした。
内容は聞き取れない、しかし明らかに言葉を紡いでいる。

動物じゃない!

身を硬くする彼の鼻に、肉が腐ったような臭いが入ってきた。
もう寝るどころではない。
辺りが白み始める頃、ようやくブツブツという声は聞こえなくなった。
恐る恐る外を覗いてみたが、辺りには何も居ない。
しかし何かが居た証拠に、ひどい臭いがテントの周りに立ち込めている。

大きく息を吐いて外に出ると、臭い以外にも遺留品があった。
弦が壊れレンズも割れた眼鏡が五つ。
忘れ物のように落ちていた。
気味が悪いので、無視してそこを発ったのだという。

果たして次の夜にも、怪しい声音と饐えた臭いがテントの周りに現れた。
そして翌朝、やはり壊れた眼鏡が五つ残されていた。
彼は穴を掘って眼鏡を埋め、形ばかりだが手を合わせ弔った。

効果があったのか、それ以降、怪異に襲われることはなかったという。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!