廃棄車両で動くもの

友人の話。

初夏の山で藪を漕いでいた時のこと。
藪を抜けた先。
ちょっと広くなった場所に、場違いな物が転がっていた。

車だ。

軽自動車ではなく普通車の廃棄車両。
誰がこんな山中の林道にまで捨てに来たのだろうか。
白のボディに、水垢汚れがこびり付いて黒い筋を作っている。

近寄ってみて、あることに気がつき嫌になった。
車のボンネットやドアに、地と同色の御札がベタベタと貼られていたのだ。
窓がすべてスモークなのだろうか、彼の立ち位置から中は窺えない。

と、視界の中で何かが動いたのを感知した。

何だ?

動きのあった辺りをよく見ると、助手席側の窓が数センチほど開いている。
暗い車内に何がいるのか、確認するような真似はしなかった。
それ以上近よる気にはならず、そのままそこを後にしたという。

彼はそれからもちょくちょくその近くを通りがかったが、その車は一年もしない内に誰かに撤去されたそうだ。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!