牛鬼と目を合わせたら・・・

知り合いの話。

里山で山菜採りをしていて、普段入らないような山奥まで踏み入ってしまった。
実家の者から、あまり奥まで行くなと注意されていたのを思い出す。
そろそろ引き返そうかと思案している頃、小さな淵を見つけた。

水が冷たそうで、思わず手を伸ばして涼を取る。
その時、急に悪寒が走った。全身に鳥肌が立つ。
目を上げると、何かが水中から浮かび上がってくるのが見えた。
かなりの大きさがある黒い影。

出来るだけ静かに立ち上がり、背を向けて歩き出す。
二、三歩進むと背後で水が流れる音がした。
何かが水を割って現れたかのよう。
恐怖を押さえ、そのまま歩を進めた。

幸い、背後の気配はそれ以上追ってこなかった。
麓に辿り着いて、腰が抜けたようにへたり込んだ。
山菜を淵に忘れてきたことに気がついたが、取りに帰るのはとても出来なかった。

漸う屋敷に帰り年寄りに話したところ、それは牛鬼だと教えられた。
昔からこの辺りの山奥に棲んでいる魔物らしい。
何もなかったことで安堵した後、注意を聞かなかったことでひどく怒られた。

「すぐに引き返して良かった。目が合ったら死ぬと言われているからな」

怒られるまでもなく、二度とその奥に行くことはないと彼は言っている。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!