対向車が見ていたもの

友人の話。

大学生の頃、男ばかりの四人組で夜の峠に出かけた。
麓の港町の夜景を肴に、一杯やろうという腹だった。
酒の飲めない彼も、いつものごとく運転手として駆り出された。

何事もなく帰宅の途につき、峠を下っていると、すれ違う対向車が全て、彼らの車にパッシングしてくる。
あまりにもパッシングが続くので、途中のファミレスで停車し、車を確認した。
一見、何もおかしな所はない。

大したことじゃなかったんだろうと考え、そこでそのまま軽食を取ることにする。
階上に上がりメニューを見ていると、「あっ」と声を上げた者がいた。
どうした?と聞くと、黙って階下の車を指差す。

車の屋根、その中心に、一組の足形がくっきりと浮かび上がっていた。

小さい。

成人男性の物ではないようだ。
きちんと揃えられて前を向き、指の形状までよく見える。

ファミレスを出ると、そのままコイン洗車場に駆け込んだ。
足形は泥で付けられており、綺麗に洗い流すことが出来た。
幸いその後、取り立てて変わったことは誰の身にも起こらなかった。

パッシングしていたドライバーは一体何を見ていたのか。
それが皆を悩ませたが、結局わからないままである。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!