恩を仇で返す子供達

一人のアメリカ人の男が、東南アジアのある国を訪れていた。

男は知人の家に行くために三輪トラックを借り、現地の人間を雇って運転させた。
男自身は、たくさんのお土産とともにトラックの荷台に乗った。
荷物が落ちないように見張るためであったが、男は景色を広い視野で見たかったので、悪い気はしなかった。

出発から1時間ほど経って、トラックはスラム街にさしかかった。
そこでは多くのストリートチルドレンたちが暮らしていた。
皆やせ細り、服もボロボロだった。
教育もまともに受けてはいないだろう。

彼らは男をじっと見つめていた。

男は彼らにひどく同情したので、お土産の一つのダンボールを開け、走りながら中身のチョコレートをばらまいた。
男は走り去りながら、ストリートチルドレンがチョコを拾って食べる様子を見て満足していた。

3ヶ月後、男はまた同じ国を訪れ、トラックを借り、現地人を雇い、荷台に乗って知人の家に向かった。
そして、トラックは1年前と同じ道を通り、スラム街に入った。

ただ一つ違うのは、今回はお土産を持っていないということだった。

ストリートチルドレンたちは男とトラックに気づくと、じっとその行方を見守っていた。
男は彼らに感謝されていると思っていた。

しかし現実は違った。

ストリートチルドレンたちは、男が食べ物をくれないとわかると、トラックの進行を妨害しだした。
そして荷台に乗り込み、男の唯一の荷物のリュックを奪って逃げて行った。

財布やパスポートなど貴重品が入っていた・・・。

男は憤慨した。
恩を仇で返された。
道徳を学んでいないことは罪である。
無学は愚かだ。
言い様のない怒りが男の心を占領した。

更に半年後、男はまた東南アジアのその国を訪れていた。

一度ひどい目にあわされていたのにだ。
トラックを借りた。
現地人を雇った。
荷台に乗った。

今回はたくさんのダンボールを抱えていた。
しかし、それは知人へのお土産ではない。
男は運転手にスラム街へ向かわせた。
男は期待と興奮で胸を高鳴らせていた。

スラム街につくと、男は大きな声で叫んだ。
その国の挨拶の言葉だ。
ストリートチルドレンにだって理解できた。

彼らは男の元へ集まってきた。
男は荷台のダンボールを開け、素早く中身をばらまいた。
それはたくさんの消しゴムとクレヨン、そして液体のりだった。

男は半年前帰国してから、これらをストリートチルドレンたちにばらまくことが、男にとって本当の幸せを届けると思いついたのだった。

走り去りながら、消しゴムやクレヨン、液体のりを拾うストリートチルドレンを見て、男は心から笑った。
男からは爽快感が溢れていた。

これを読んだ人々が、憎しみはたくさんの人間を苦しめるということを、理解してくれることを、願う。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!