人形と神

知り合いの話。

彼の実家は山奥の神社である。
神主職を継いではいないが、社の仕事はよく手伝っているそうだ。

秋祭りの際に神楽を奉納するのだが、その折に変わった仕事がある。
祭りの前に人形を何体か購入し、舞台袖の見えない所に置いておくのだ。

姿形は別に問わないが、手足が動く造りであることが大切であるらしい。
祭りが終わった翌日、人形は魂抜きをしてから燃すのだそうだ。

なぜこんなことをするのか聞いてみると、御山から下りてきた神様が人形に入って、神楽などの祭り行事を楽しむからだという。
だから人形に粗々がないよう、大事に扱うよう指示される。

気をつける点としては、あまり上手い出来の人形は選ばないこと。
神様が形を気に入ってしまうと、なかなか御山に帰ってくれないからだそうだ。
角があってもいけないらしい。
神様とは別のモノが入ることがあるからとか。

すると、「そう言えば」と彼はつぶやいた。

彼:「俺、ガキの頃に社舞台で、小さな人影が踊っているのを見た記憶があるんだ。何かの見間違えだと思ってこれまで忘れていたけど、今人形の話をしていて思い出した。あれって神様が入っていたのかなぁ。」

俺:「そうかもしれないなぁ。」

とりあえずそう返しておいた。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!