山の神様の化身

知り合いの話。

彼の叔父さんは、奥山で炭焼きをしている。
泊まり掛けで遊びに行った時に、そこで不思議な動物を見たという。

深夜炭焼き釜の前で談話していると、「ふっふっふ」という音が聞こえた。
「何か来た」と思い外を見やると、蒼白く光る生き物が林の中にいた。

馬だ。
大きくはない。
しかし仔馬ではないような印象を受けた。

何とも奇妙なことに、馬は身体から薄い光を発している。
月も出ていない暗闇だったが、その身体は闇の中にはっきりと確認できた。

蒼い馬は、下草の中に顔を突っ込んで何やら探している様子。
やがて上げられたその口には、太い蛇が咥えられていた。
そのままかっかっかと一息に呑み込んでしまう。

と、いきなり馬は彼の目を真正面から覗き込んできた。
爛々と光るその目に身が固まった。

知り合い:「こいつは馬じゃない!馬なんかである筈がない!」

身動ぎも出来ずにいると、馬は彼に興味を無くしたのか自分から目を外した。
あっと思う間もなく、そのまま闇の中へ姿を消してしまった。

「大丈夫か?」叔父さんの一言で我に返る。

足が震えて立っておられず、そのまま尻餅をつく。

「何あれ!?」と問いかけると、あっさりとした答えがあった。

叔父さん:「この山の神様さね」

叔父さん:「水の道を操るのかどうか知らないが、あの馬が地面を蹴飛ばすと、そこから清水が湧くのさ。干魃の時にもかなり助けてくれたそうだ。」

だからその里では、昔から山神様として敬っているのだと。

叔父さん:「実際向こうにこちらを助けるつもりがあったかどうか、それは本当のところわからないがね。自分が水を飲みたかっただけかもしれん。しかしまぁ、そういう訳だからちょっかいは出すなよ」

叔父さんがそう釘を刺すと、それ以上この話題は続かなかった。

彼は今でもちょくちょくそこに遊びに行っているが、あれからその蒼い馬を見たことはないそうだ。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!