トイレに落ちた子供

小学校低学年の頃、夏休みに田舎の祖父母の家に泊まりに行った。
そこは古い家でポットン便所だった。

うんこが下の肥だめに落ちるとハネが返ってくる。
いわゆる「おつり」だ。

子供のうんこ程度ではそれほど大きく跳ねるわけではなく、たいていは飛沫がお尻に少しかかるくらいだったが、子供心にそれが珍しかった私は、毎日、いわゆるおつりがくるのを観察していた。

ある日、今までになく大きな「ボッチャーーン」という音がして盛大なおつりがお尻にかかった。
どう考えてもそれほど大きなうんこはしなかったはずなのだが、まるで子供が落ちたような大きな音だった。

私はしばらく呆然と肥だめの中を覗き込んでいた。
そこにはうんこまみれの子供の姿があった・・・。

しばらくして、ハッとわれに返った私はその子供が自分であることに気がついた。
うんこまみれの私自身を、上から私が覗き込んでいた。

人生で最初の幽体離脱だった。

スウッと、気が遠のいていった。

次に気がついたとき、私はお花畑のような場所にいた。
周りには誰も見えないが、たくさんの人が私を遠巻きにしているような気配がしていた。
少し先に見知った顔が浮かんだ。
先年他界した伯父だった。

生前、伯父にはかわいがられたので、私はうれしくなって近寄ろうとした。

しかし、伯父は手を振り「来るな」というようなしぐさをした。
私は伯父が好きだったので悲しくなり、さらに近づこうとした。

すると伯父は急に恐ろしい顔になり、大きな声で「来るな」と叫んだ。
私はどうしていいかわからず立ちすくんだ。

次の瞬間、伯父はさらに大きな声で叫んだ。

伯父:「近寄んな!臭っせーーんだよ!!」

私は死にたくなった。

気がつくと私は、風呂場に裸で横たわり、祖父にお湯をかけられていた。
傍らで祖母が心配そうな顔をして覗き込んでいた。
人生で最初の臨死体験だった。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!