その声は不思議と怖くない

前の大雪の日、思うことあって神社に行った。(子どもの七五三とか初詣とか色々お世話になってる所)

脇の社務所に人の気配はあったけど、外には誰もいない。
水が手水鉢(ちょうずばち)に流れる音と、雪の降る音しかしない。
参道を歩きながら拝殿を見やると本殿も開いていたらしく、鏡が見えた。

雪の薄暗い光が鏡に反射して、自分を射抜いて鳥居まで伸びているような気がした。
気になって後ろを見た。
もちろん誰もいなかった。

『いつも見ている』

振り返った瞬間、そう聞こえたような気がした。

不思議と怖くなかった。

無事お参りを済ませて帰宅した後、気になってその神社の御祭神と、実家でお世話になってる神社の御祭神を調べてみた。

一柱同じ神様がいらした。
何かご縁があるのかもしれない。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!