パピヨンを抱く老婆

中学生のころから私学に通いだした俺は、いつも電車で通学していた。
家から最寄の駅に行くとき、駅の駐輪場で毎日、白と黒のパピヨン犬を、まるで赤ん坊のように抱きかかえたおばあさんに出くわす。

最初の頃は、あの人毎日ここに来てるんだなぁとしか思っていたなかったが、どちらの方から言い出したのか忘れたが、次第に互いに挨拶するようになった。

で、エスカレーター式の学校だったので、高校も同じ所に通うようになった。
大学も自宅から通える所の大学に進学し、就職も自宅から通った。

俺はその後、結婚したが、そのまま親と同居して、子供も生まれ、やがて高校に上がる年になった。

その間も、俺は今までと同じような時間に(前後30分程度は遅く家を出たり早く出たりしたが)駅に向かい、その犬を抱えたおばあさんと顔をあわせ、挨拶をし、電車に乗っていた。

親がそのおばあさんと犬の名前を知っていたから、今まで油断していたが、もうかれこれ30年近く顔を合わしているが、年をくっていないんだなぁ。

しかも、おばあさんだけじゃなく、犬のほうも30年近く同じまま。
このスレの存在を見て、ふいにそのおばあさんの事が不思議に思えるようになった。
ただ、それだけのことなんだけどね。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!