ヨシカちゃんには見えていた

幼い頃、市立病院に一ヶ月入院することになった。

一部屋に5人程度収容できる小児病棟の一番端の部屋に入れられた。
隣の部屋とは大きなガラスで仕切られており、それによってずっと何部屋も先まで見通すことができた。

その様子は電車の連結部を通して先の車両が見えるようだった・・・。

俺は隣のベッドの患者であるヨシカちゃんと親しくなった。

この子は不思議な子で、昼過ぎ頃になると「あの子見て。多分今日でお別れだよ。」と言う。

トイレを除けば一日中自分達の病室にいるので、別の病室の子と交流を持ったり、情報が聞こえてくることはないのに、不思議とその予感は的中した。

ベッドにはプラスチックの札がつけられていて、色で容態が区別されていた。

白は退院が近く入浴なども許される。
そこから徐々に暗い色になっていき、赤は入院直後の安静が必要な子となっていた。

俺はずっと赤。
ヨシカちゃんは白で、俺よりも食事内容など、全てが健康に近いことを示していた。

そんなヨシカちゃんが寂しそうに「私たち多分今日でお別れだよ。」と言い出した。

俺はヨシカちゃんが今日で退院するのかなと思ってた。

その日の午後、何の前触れもなくヨシカちゃんは意識不明になり、カーテンが引かれ、医師や看護婦が大挙して押し寄せてきた。

緊迫した雰囲気の後、彼女は病室から居なくなった。

後になって知ったのだが、市立病院からすぐ近くの場所には大学病院があり、手に負えないほど重度の患者がそこへ搬送されていたらしい。

大学病院へ搬送された後、多くの子供は天に召されていた事もわかった。

ヨシカちゃんは何度も予言を的中させていた。
彼女は何を見ていたんだろう?

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!