あれは異世界だったと思う

時空のおっさんらしき人に会ってきた。
ついさっき。

仕事中、ふと顔を上げると誰もいなかった。
店内放送は無いし、お客様も従業員もいない。
棚の商品はそのままだが、そこに書いてある文字が読めない。
文字化けしてるような感じだが、俺の知ってるどの言語の文字でもなかった。

何だか目眩のする感覚を覚えながら、ふらつく足取りで店内を歩いていく。
床、陳列棚、商品、表示物・・・そこかしこに違和感を感じるが、狂気に侵されるような恐怖を感じて注視することはできなかった。

50mほど歩いただろうか?
担当フロアの端、メイン通路まで来たところで、不意に声がかかった。

「おい、何してんだ!」

40代くらい、作業服の男性が、唐突に通路の真ん中に居た。
視界の中に突然現れたのだ。

俺:「何って言われても・・・こっちが聞きたいよ。何なんだこれは?」

反射的に言い返した俺に、男性は舌打ちで返すと携帯電話らしきものを取り出した。
それをよく見ようとしたら、急に目眩が酷くなり、その場に膝をついた。

暗くなる視界の中で床の紋様が目に焼きつく。
「まさかな・・・帰れるといいな」
おっさんの言葉がかろうじて聞こえた。

次の瞬間、俺は元に戻っていた。
おっさんに会ったその場所で立っていた。

店内の喧騒が戻っている。
まるで夢だったようだ。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!