その場所で必ず涙が出る

学生の頃、初めて行った時から続く異変だ。

痛みも痒みも、感情の揺れも無く、突然涙が溢れ出し、10分ほどの間、流れ続ける。
そんな場所が、俺にはある。

沢の途中から脇の斜面へルートを変え、30分ばかり急斜面を直登すれば、尾根へ出る。
尾根まであと数分。
息は切れ、雪の直前という季節でさえ、汗まみれになる。

そんな斜面に、幅2メートル弱の石畳が現れる。
長さは10メートルも無い。
緑色の苔に覆われた、古い石畳。
大きさの揃った四角い石がきちんと並び、斜面を斜めに横切るように敷き詰められている。

工事を途中で放り出したように見えるが、それもよく分からない。
何かの領域を示すために石畳を敷いたのだろうか。

ともかく、それを見た途端、涙が出てくるのだ。
にじむような気配も何も無く、突然に涙が溢れ出てくる。
初めて行った時から、ずっとそうだ。

地図を開くと、その場所がはっきり分かった。
沢のどこから斜面に入ったのか、目の前の石畳がどこに敷かれているのか、それがはっきり分かった。
国土地理院発行、縮尺5万分の1の地図で。

同行者が居れば、一様に不思議な顔をする。
俺だけが涙を流すのだから、不思議には違いない。

アレルギーか何かだろうか。
理由が分からず、確かめたくて何度も行った。
道も何も無いのに、一度として迷うことはない。
正確に、石畳の脇へ出る。
その度に涙を流し、俺は帰ってくる。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!