4年間同じ場所にいる

全然怖くないし山の話でもないんだが、ひとつ投下してみる。

もう20年以上の前の話なんだけどね。
オレの実家の裏が直ぐ山で、そこには小さな神社が祭ってある。
子供の頃、よく神社に通ずる道で遊んでいたんだけど、ある年、その途中にある階段で奇妙な飛蝗(イナゴ)を見つけた。

形はトノサマバッタに似ているが、大きさは三倍くらいあり、大きな牙が口から突き出していて正直怖い。
捕まえて家に持って帰ったが、飛び跳ねるわけでもなく、餌(胡瓜とか)を与えても食べるわけでもなく、佇んでいるだけだった。

気持ち悪くなったので直ぐに放したけどね。
そして、偶然なのか分からないが、オレが最初に見てから4年間、ほぼ同じ時期、同じ場所に一匹だけいるんだ。

図鑑で調べても該当するような飛蝗(イナゴ)は見つけれなかった。
因みに2年くらい前に野性生物板で訊いたが分からなかった。

その後、中学生になり塾やクラブが忙しくて山で遊ぶことはなくなったので、その飛蝗(イナゴ)がどうなったのかは分からないけどね。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!