山に入ってはいけない日

森林組合の職員に聞いた話。

その地方では、毎年1月12日は山の神が木の数を数える日なので、「山の神の日」として、何人も入山しないしきたりとなっている。

山の神の日には不思議と雪が降らない、と言われている。
神さまが木を数えやすくするためだ、ということらしいが、それでも、稀には山全体が雪に覆われるような年もある。

そんなある年、1月13日の夜明け前に雪景色の山に入ると、小さな裸足の足跡が、そこかしこに残っていたことがあった。

ただ、日が昇ってからもう一度行ってみると、雪は溶けていないのに足跡だけが消えていたそうだ。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!