知りたくない事実もある

山仲間の話。

大学で参加した登山サークルに、Kさんという先輩がいたという。
Kさんは何故か皆に避けられていて、いつも一人用のテントで過ごしていたらしい。

気になって他のサークルメンバーに事情を聞いてみたが、誰に聞いても同じ返事が返ってきた。

「あの人はあれでいいんだよ」

仲間外れはいかんだろうと思い、その後のキャンプでKさんのテントにお邪魔することにした。

入口で声を掛けようとし、慌てて口を閉じる。
中から、Kさんとは明らかに別人の声が聞こえてきたのだ。

それも複数人、ボソボソとたわいもない会話を交わしている。

一人しか入れない小さなテントの前からジリジリと後退し、仲間の元へとって返すと、今あったことを訴えようとした。

仲間たちは渋い表情で遮った。

「言うな。言えば確認しなきゃならなくなる」

結局、Kさんが卒業するまで、誰もそのことには触れられなかったのだという。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!