振り返った老婆の顔

うちの父親の話。

幼少の時から不思議な体験が多いらしい。
60歳近いけど昔から魚釣りが趣味で小さい時に兄と幅50メートルくらいの川に釣りにでかけたらしい。

兄の竿に魚がヒットしたらやたらに引きが強い。
格闘しつづけて頭が岸まで寄った時に魚の体の全貌が見えるくらい水面まで魚が上がってきた。

その魚を見ると川幅が50メートルはあるのに魚はくの字に体を歪めて川幅より長い。
びっくりして糸を切ったそうだ。

父親(私から見て祖父)と釣りに行った帰り、一本道なのになかなか家に着かない。
家まで徒歩20分くらいの距離なのに2時間以上歩いても着かない。

当時街頭もあまりなく暗い道だったので周りの状況もあまりつかめない。
「おかしい」と祖父に言うと祖父が「これがたぶんいかんのだ!」と魚籠の魚を全て捨てたそうだ。

そうしたらほどなくして家に到着。
狐にばかされたと言っていた。

暗くなりかけた頃釣りに行く途中、堤防を歩いていたら松の大木が倒れていた。
父は文句を言いながら苦労して自転車を持ち上げて通ったらしい。
小一時間ほどして全く釣れないので引き上げる事にした。

帰り道には大木は跡形も無くなっていたが、その後に何かぬるぬるしたものが広がっていたそうだ。

それを追っていくと川まで続いている。

「今思うと蛇が引きずった跡みたいだったなあ・・・」と言っていた。

最新の話では川の上流まで鮎釣りに出かけた時、熱中しすぎて気付けば夜22時をまわっていたみたい。

釣り道具を車へ積み込み帰ろうとしたところ、何やらごそごそ動く影が車の側にいる。

「動物かな、野生動物なら車のライトで逃げていくだろう」と考えたらしく車のライトを点灯したところ、動物ではなく草むしりをしているような動作をする人間だった。

しかも見た感じかなり高齢のおばあちゃん。
こんな夜に何をしてるんだろう?と声をかけようとして車の窓を開けたらしいんだ。

そしたら振り返ったおばあちゃんの顔にゴルフボールより少しデカいくらいの目が着いていたらしい。
よく見るグロ画像みたいな感じで。

めちゃめちゃ恐くなって車で逃げたみたい。
「他の車見るまで安心できなかったよ、あはは(笑)」と言っていた。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!