近寄ってはいけないテント

先輩の話。

夕暮れの山を一人で縦走していると、古びた背の高いテントに出会した。
一体何でまたこんな森が深い場所に設営してるんだろう?
声を掛けてみたが応えはなく、そっと中を覗いてみた。

そこには何もない。
人が滞在した様子も伺えない。

「テントを置き去りにして、そのまま山を下りたりするものだろうか」

そう疑問に思いながら首を引き戻すと、周りの風景が変わっていた。
いつの間にか先輩は、薄暗いテントの中に突っ立っていたのだ。

「・・・自分は外からテントを覗いていた筈だ。その自分が、なぜテントの中にいるのか?」

恐る恐る、入り口から顔を突き出してみる。

薄暗い。
そして今自分がいるのとまったく同じ情景。
間違いなくそこもテントの中だった。

「テントが二つ並んで設営されていたのか?いや、確かにテントは一つだけだったが・・・」

反対側の出口に駆け寄り、薄幕を引き開ける。
そこも別のテントの中に繋がっていた。
早足で中を横切ると、そのテントの出口を覗いてみた。
やはりその先も、薄暗いテントの中だった。

途切れることなく、次から次へとテントは続いていた。

「馬鹿な、こんなことある訳がない!」

しかし、どちらにどこまで進んでも、どうしても外に出ることが出来ない。
思い詰めた先輩はテント横の布地を破って外に出ようとした。

ナイフを取り出すと穴を開け、広げてみた。
外は灰色の空間だった。

どこまで見通しても、薄暗く何も見えない。
地面すらよく判別できなかったらしい。

生臭い空気が、破った穴から流れ込んでくる。
とてもそこから出る気にはなれなかった。

気を静めようと、胡座をかいて一服点けることにした。
下山した時に吸おうと取って置いた煙草を取り出し、紫煙を燻らせる。

吸い終えてから覚悟を決め、入り口の幕に手を掛けた。
山の端に没しようとする夕日が目に飛び込んできた。

あっさりと外に出られたことが信じられず、後ろを見やる。
記憶通りの古びたテント、それが一つだけポツンと佇んでいた。

真っ暗になる前に、出来るだけその場を離れようと逃げ出した。
そんな怪しいテントの側で野営する勇気など、とても持てなかったそうだ。

それ以来、山中にぽつねんと置かれている古いテントに出くわしても、先輩は絶対に近よらないようになった。

あの時の薄暗い情景を思い出すと、今でも鳥肌が立つからだという。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!