人の顔をした「何か」

猟師に聞いた話。

猟を終え、軽トラックで山道を下っていた。
荷台の檻には犬が2頭。
途中、うっそうと茂る森に差し掛かったところで、突然犬たちが吠え始めた。

何ごとかとバックミラーを覗く。

荷台を見通す小窓に、一瞬人の顔が覗いたかと思うとすぐに引っ込んだ。

異様なまでに無表情な男の顔。
驚いてブレーキを踏み、車を降りて荷台の方へ。
そこに人の姿はなく、檻にも異常はなかったが、中の犬が1頭消えていた。

もう1頭の犬は『何か』に怯え切っており、以来猟犬としては使いものにならなかった。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!