幼い頃の何かを追いかけて

人間、大抵5歳くらいまで、自分が生まれてきたときのことを記憶しているそうだ。
しかし年を重ね、記憶の彼方に追いやられるらしい。

私が、年の離れた妹が4才の時に、「生まれてきたとき、どうだった?」と訊いたところ、「がんばってでてきたんだよ」と教えてくれたことがある。

それは怖くないが、いまの私の意識にのぼる最も古い記憶を話してみる。

私はまだ言葉を得ていない。
両親と手をつなぎ、はしゃいで歩いている。
愛情を感じている。

マンションの廊下を3人で歩いている。
世界はオレンジ色に光っている夕方だろうか。

頭上のドアノブがガチャリと鳴る。
おおきなドアが開く同時に私がかけ込む。
玄関から廊下がはしり、リビングに通じている。
私はリビングの突き当たりを見やる。

オレンジ色に輝くとても懐かしい暖かい愛しいものが見える。
嬉しくなる言葉にならない暖かさがこみあげる。
私はそれに飛びついたとても懐かしく、うれしかった。

そこで記憶は途絶える。

親は次のように語る。

親:「おまえ、小さいとき、家に帰ってきたらョ、いきなり凄い勢いでかけ出して、リビングからベランダにでる、玄関から突き当りの窓ガラスにとびこんだんだよ。ガラスはメチャクチャに割れて、しこたま驚いたぞ。幸いカーテンがうまくオマエをくるんで、傷ひとつなかった。おまえ、ありゃ一体なんだったんだ?」

私にもわからない、でも、そこには大切な何かがあった。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!