神様の化身と遊んでいた

実話だからしょぼいかも・・・。

俺は九州の田舎育ちだから、不思議な話をよく聞くんだよ。
やれ狸に化かされただの、やれ山の神様を見ただの、日本昔話みたいな話ばっかり聞いていた。
でも、やっぱり俺は信じてなくて、「ボケた老人の妄想だろ」と馬鹿にしてた。

そんである日、いつもの様に俺は友人と神社で遊んでたのよ。
何を奉ってるかも分からない山の中の神社。
そこでエアガン撃ったり、チャンバラしたりしてた。
すると突然笑い声が聞こえたんだ。

「なんだ?」と思ってみたら、Tシャツの男の子が居た。

見慣れない奴だったけど、閉鎖的な地域でもないし、一緒に遊びたそうにしてたから、仲間に入れたんだ。
そこから一人増えて、あとはいつも通り。
神社内にある川でウシガエルを捕まえたり、チャンバラしたりして、夕方のチャイムまで遊んだ。

そこでみんなで帰るんだけど、そのTシャツの男の子はついて来ない。

「どうしたん?」と聞くと、村と神社を繋ぐ道にある山に続く階段を指差して、「僕、こっちやけん」なんて言って登っていった。

でも、そこは大人たちが口を揃えて『入ってはいけない』って言う、一種のタブー的な場所なんだよ。
まあ、ただ猪狩りの人に撃たれるからなんだけど。

とにかく、そいつを止めようと続いて階段を登った。
だけど、すでにそいつの姿は無くて、結構深い山だから諦めて帰った。

次の日になればまた神社に来るかと思って、みんなで神社に集まってみたけど、そいつはそれ以来、姿を見せなかった。

行方不明者が出たって話もなくて、結局あのTシャツの男の子の正体は分からずじまいだ。

今では、あれは山の神様だったんじゃないか、と友人たちの話のタネにあがるだけになってしまった。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!