長崎の某トンネルでの不思議体験

今から20年近くも前の話。

免許取り立ての自分と、友人数人で夜のツーリングへ出かけた話です。

長崎の某トンネルを抜け、数台の原チャで走っていたのですが、とある白◯トンネルの前で自分の原付が突然不調になったんです。

そのときは、先頭を走っていたのにトンネル前で最後尾。
仕方なくそのまま走っていたんですが、みんな見えなくなり一人でトンネルに入りました。

初めてそのトンネルを通ったんですが、むちゃくちゃ長い。
出口が見えない。

そのまま走っていると、バックミラーにテールランプの灯りが映っていました。
対向車はすれ違っていません。
やばい!と思い、ミラーは見ないようにして、凄く長い時間トンネルを走っていました。

トンネルをようやくの思いで出ると、すぐ自販機の明かりが煌々と照っています。
中からはそんなもの見えません。
出口は真っ暗だったんです。

はぐれてしまった仲間を追いかけて、捕まえるとかなり長い時間待っていたようで、口々に「事故ったのか?」と聞いてきたので、トンネルの不思議な出来事を話ました。

すると、トンネルは、そんなに長くない。
入り口から出口の自販機の明かりが見える。
・・・ということです。

もう一回戻り、(というか、当時はその道しかありませんでしたので)通過すると確かにものすごく短いトンネルでした。

数年後、怖い話、として知り合いの女の子たちにしゃべったんですが、そのうちのひとりの子が泣き出しまして「あたしの叔父さんがあそこで事故で亡くなった。ごめんなさい」と。

まるで、作ったようですが、こういうこともあるんだなぁ、と。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!