脳に騙されるな!

自分の中から死にたいとか、そういう異常な考えが涌いてきても、『これはおかしい、他に道はあるはずだ』と、客観視できなくなった人が自殺してしまうんだろうね。

私は小学生の頃、すごい頻尿になってしまったことがある。
家では普通なんだけど、外出すると何度も何度もトイレに行かずにはいられない。
行っても出ないけど、切羽詰まった感覚は本当に感じるんだよね。

酷い時は、電車に乗っても一駅ごとに降りないといけなかった。
検査しても身体的には何も異常なしという結果で、心理的なものでしょうと言われたらしい。

そこで母に言われたのが、「あなたの頭の中は今ちょっとごちゃごちゃしてて、おしっこが溜まってなくても、溜まってるって信号が間違って出てしまうみたい。もし信号が出てトイレに行きたいなって思っても、行ったばかりだったらそれは間違った信号だから、騙されては駄目だよ」という言葉。

『自分の身体(頭)に騙されることってあるのか!』と、何だか目から鱗が落ちた気分だった。

それ以来、電車でトイレに行きたくなると、母と小声で「また騙されてるよーw」と言い合って、症状は少しずつ良くなっていった。

その時の体験が強烈に残ってるせいか、自分が変な行動をとった時に、常に『これは脳に騙されてないか』と考える癖がついてる。

PMSでイライラする時なんかも、『これは脳(ホルモン)に騙されてるなー』と思うと、わりと治まるよ。

もしも自傷とか自殺が頭に浮かんだ時にも、同じように『騙されないぞ!』と思えたらいいなと思う。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!