天狗にも階級制があるらしい

友人の話。

彼は幼い頃、山の中腹にある神社を縄張りとしていた。
近所の子とよくそこに行っては、様々な遊びをしたという。

ある時、長い石段を使って陣取りをしていると、上の方からザッザッと下りてくる音がした。

複数名いるようだ。

「誰も上にはいなかったけどな」と怪訝に思い、振り返ってみた。

仰々しい山伏の格好をした者が5名、しっかとした足取りで進んでくる。
挨拶しようとした次の瞬間、硬直してしまった。

5人が5人とも、その首から上が犬のそれであったからだ。
白い毛並の者、斑のある者、赤毛で片耳がない者など、各人風体はバラバラだった。

立ち竦む彼らを気にも留めず、5名の犬面山伏は悠然と下っていき見えなくなった。
どうやら他の友人らも動けずにいたらしい。

山伏が見えなくなると「今の見た?」「一体何だアレ?」口々にそう叫んだという。

その夜、彼の祖父が語って聞かせたところによると「犬の顔をした山伏?そりゃ天狗だよ。ただ、天狗は天狗でも犬天狗っていう輩だって話だ。天狗としての位は低いとか、本職の山伏に聞いたことあるな。犬から徳を積んで行くと、よく知られた長鼻の大天狗に精進するんだとさ」ということだ。

「天狗の仕事っていうのも、色々と大変らしいぜ」

仕事の愚痴をこぼしていた私に、彼はこの話をしてくれた。

彼なりに励ましてくれていたのだろうか、今ではそう思う。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!