その女の気配を感じなくなった

AV仕様の最強媚薬・エロティカセブン

媚薬・エロティカセブン

仕事中に体験した話。

仕事はエレベーターの保守点検で、その日もマンションのエレベーターを点検していた。

一通り点検を済ませて1Fから7F、7Fから3F、3Fから10Fって感じに適当な階から階へ移動して動きを確かめた。
そして最後に、最上階から順に扉の前の点検中のバリケードを外しながら1階へ降りる。
4F辺りでバリケードを外すと女性が乗り込んできた。

自分は女性に「点検終わったばかりで各階に止まりますのでご了承ください」と告げると、女性も軽く頷いた。

1Fに着き、バリケードを車に積もうとマンションの出口に向かったが出口が見当たらない。
エレベーターを出た右側にすぐエントランスがあったはずだが、今はただの壁があるだけ。

あれ?と思いながらしばらく1Fをウロウロするが出口が無い。
そう言えばあの女性はどうやって外に出たんだ?
いや、そもそもエレベーターから降りた気配が無かったようなと思ったが、とりあえず自分の置かれた状況が分からずそんなこと深く思わなかった。

仕方無いので最上階へ向かった。
一つ気になったからだ。

上から下を見た場合、エントランス付近はどうなっているのか。
13Fに着き廊下から下を見ると、人が歩き車も通っている光景が映ったが、歩く人はみんな着物姿、車は右側通行、看板はひらがなしか文字が無い。

なんだこれは?と思いまた1Fへ降りる。
1Fに着くとさっきまで壁だったところに普通にエントランスがあった。

全く状況が分からなかったが、急いで帰り仕度をして会社に戻った。

会社に着いて気付いたが、点検が終わってから1時間くらいあのマンションに閉じ込められていたはずなのに、時間的には点検終わってすぐ会社に戻ったくらいの時間だった。

よく分からない体験だったが、それ以降そんな体験はしていない。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!