魚を盗む泥棒の正体

AV仕様の最強媚薬・エロティカセブン

媚薬・エロティカセブン

職場の同僚から聞いた話です。

彼は渓流釣りを趣味としており、休日には穴場を探して山に入るそうです。

ある秋のこと、渓流を探して山に入っていた筈なのですが、紅葉が綺麗なのに誘われて、地図でもよくわからないような場所に着いてしまいました。

「ヤバイ、迷子になってしまったか?」と思ったそうですが、近くに水の音が聞こえ、そちらに行ってみると渓流がありました。

「お、いい沢があるじゃん」と思い、迷子になったことを忘れて釣りはじめました。

意外と良く釣れ、気がついたら夕方近くになっていたそうです。

道もよく分からないので、車から用具を出して野営することにしました。

金網の下で火を熾して釣れた魚を焼いている途中、いつの間にか眠っていたようです。
パチパチとはぜる音で眼が覚めました。
「いけんいけん、魚が焦げちまう」と思い、金網を見ると一匹の魚もありません。

「おかしいな、寝てる間に盗られたか?」

狸とか狐にでも盗られたかと思い、また魚を出し、焼き始めました。
焼き始めてしばらく経つと、また眠ってしまったようです。

ふと眼を覚ますと、また魚はありません。

「クソっ、次は絶対に寝ないからな」と眼の下にメンタムを塗って、最後の数匹を焼き始めました。

しばらく経つと、また眠くなってきました。
しかし、メンタムを塗ったのでそうそう眠りません。

ですが、徐々に眠くなり、頭がカクンとなって眼が覚めるというのを何度か繰り返すうちに、ガサガサっ、と目の前の茂みから何か動くような音がしました。

「ん、きたか?」と身構えようにも眠気でぼんやりとしています。

そのまま茂みを見ていると、にゅっといった感じで手が出てきました。

「手?なんでこんなところから?」と眠い頭で考えていたそうですが、眠気に負けて寝てしまいました。

「結局、気がついたら朝でさ。魚は一匹も食えんかったわ」

そういいながら話す同僚に「手、気持ち悪くなかった?」と聞くと、「意外と綺麗な手でさ、白くてなんか女の人みたいだった」と笑いながら話していました。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!