人が死ぬ直前に見ているもの

母は幼い頃両親を亡くしていて、だから私からすれば祖母になるその人とは面識はない。
母の母親の臨終の際には姉弟が集まって、とりとめもない話をして過ごしていたそうで、昔の話だから病院などへは行かず、家で最期を見守っていたそうだ。

元々明るい家系だから、しんみりすることもなく過ごしていたら、突然寝床の母が目を覚まして「あんたらがうるさくするから戻ってきてしまった、向こう岸にお稚児さんがぎょうさんおって楽しそうやったのに・・・・・・」と言ったそうだ。
そうしてしばらくしてから母親は亡くなったらしい。

叔父が亡くなったときは病院で、朝までに亡くなるのはわかってたから、叔母が手を握って私たちはそれを黙って見守るような感じになった。

もう薬が聞いて意識が朦朧としているはずの叔父が「手を離さんでくれ、落ちる、落ちる」と言うのが聞こえて、叔母がどこにいるのか、何をしてるのか訊ねたら船に乗ってゆっくりゆっくり川を渡ってると言った。
ゆっくり、ゆっくり渡るけど、落ちたら戻れないから離さないでくれ、怖い怖い、と叔父は言ってて、叔母は「釣りが好きだったからそういう夢を見てるんだろう」と言ってたけども、母と俺は三途の川を渡ってたんだろうと、そういうことにしようと話し合った。

臨終の小ネタでした。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!