音声がお経のように変化していく

一般家庭での音の録音にカセットテープしかなかった1970年頃の話。

中学の友達から南米かどこかのレゲエっぽい曲を借りて、自分としては新鮮に感じたんで、S社のカセットテープを買って来てダビングしたんだ。

んで毎日繰り返し聞いてたんだけど(最初は何も問題なかった)、1週間過ぎた頃から、ところどころ音がビヨーン、ビヨーンと伸び始めた。
それがだんだん酷くなって、2週間もすると曲全体がビロビロのウォンウォン。
集団で読経か呪文唱えてるみたいな感じで、時々「オォッ!」というような男の叫び声も入る。

環境的にはまったく問題のない保管方法だったので、怖くなって学校に持って行って皆に聞かせたら阿鼻叫喚。

「そんなの持ってないほうがいい!」
「お祓いに行け!」

そう言われたけど、お祓いするお金を持っていなかった私は「不良品だ、原因究明して説明を乞う」的な手紙をつけて現物をS社に送り付けた。

S社からは「原因不明」という回答とともに、お詫びに新品のテープが送られてきたわ。

今から思うと、S社のエンジニアはどんな顔して聞いたのかなと可笑しくなる。

S社に送り付けた頃は音が伸び切ってて、30分テープに35分ぐらい音が入ってたからね。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!