穴の中の折れた人形

俺の中学校は、通学路とは別に近道があった。

かなり複雑な道で、千切れた鉄条網、膝ぐらいまである草、地面のぬかるみ・・・。
だが、10分は短縮できたので、いつもそこから行っていた。

中二の冬だったかな。
帰り道だった。

千切れた鉄条網をくぐろうとしてはっと横を見たら、10mくらい先の地面にポッカリと穴が開いていた。
そこから見ても分かるぐらいだから、近付くとやっぱり結構大きかった。

幅1mくらい、深さは2mくらいだった。
勿論、朝この場所を通った時はそんな穴など無く・・・。

穴の中をよく覗くと、土に塗れた小さな人形があった。

足は片方折れていて無かったが、顔は何故かやけに綺麗。
角度を変えてもっと見ようとして、あることに気付いた。

穴の側面、つまり穴の横側にもう一つ穴があったのだ。

『どうしよう、気になるなあ・・・』

そう思い、降りて行ってやろうと決め、身を屈めた瞬間、側面の穴から何か飛び出てきた。

折れた人形の足だった・・・。

汚い土の色に、綺麗な肌色がよく映えていた。
??と思って穴をよく目を凝らしてみると、ゴソゴソと何かが動いていた。

穴の中に誰かいるんだよ。

それ以降、その道は使っていない・・・。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!