祖母の描く絵には意味がある

叔母はいつも唐突にやってくる。

そして唐突に去っていく。

私が保育園児だった頃だ。
突然、叔母がやってきた。
叔母は、変な人だった。

いつもタンポポみたいな黄色い服を着て、早足でちょこちょこ歩き回る。
人と話すのは苦手で、いつもうつむきがちで、ほとんどの時間を絵に費やしていた。そのくせ人の噂に敏感で、やけに周りの人間関係に聡い人でもあった。
わりかし美人だったが、「ウヒヒ」と笑うので台無しだった。

そんな叔母が、突然やってきた。
そして絵を一枚置いて、帰っていった。

「おばちゃん、チョコパイあげる」
「いいの?」

「またきてね」
「ウヒヒ」

それくらいしかやり取りはしなかった。

大きなキャンバスに油彩で描かれていたのは、ウエディングドレス姿の女性だった。
知らない人である。
あまり馴染みのない、珍しいシルエットのドレスだったのが、印象的だった。

なんだかよく分からないが綺麗な絵で、私も姉も気に入っていた。
それを見て、両親はその絵を子供部屋に飾ってくれた。

それから二十数年経ったたころ、兄が結婚することになった。
お相手は兄にはもったいないくらい素敵な人だった。

二人の結婚式。
新婦が入場してきた時、私と姉は仰天した。
ドレス姿の新婦は、叔母の描いた絵にそっくりだった。
髪型も、アクセサリーも、珍しいシルエットのドレスも、そっくりそのままだった。
それこそ、絵から出てきたのかと思うほどだった。

あとになって、当日の写真と絵を比べてみたが、本当に細部までそっくりだった。
絵を参考にしてドレスを選んだのかと思って聞いてみたが、兄は絵のことなど忘却の彼方、兄嫁はそもそも絵のことなど知らなかった。
不思議な偶然なのか。

それとも叔母は、あの頃すでに兄の結婚式の様子を知っていたのか。
真相は闇のなかだ。

描いた本人である叔母は、結婚式の五年前に他界していた。
若くして癌を患い、気づいたときにはあちこちに転移をしていた。
坂を転がり落ちるような勢いで病状は悪化して、発見から数ヶ月も持たずに叔母は死んだ。
『お墓にはタンポポを供えてね』、というのが遺言だった。

叔母が最期に描いた絵は、私が形見分けに貰った。
一面のタンポポが広がる丘でピクニックをする、叔母自身の絵だった。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!