下水道で話し声が聞こえて、見てみると

うちの近くの児童公園は、裏手が排水路になっていて、公園との境は金アミで仕切られている。

排水路の先は下水道に続いているんだが、外から見ると子供にはちょっとした洞窟に見えた。

中はマンホールの真下が円筒形の空間になってて、下水路は子供が四つ這いになって進める幅。
子供の頃は、よく中に潜り込んで遊んでいた。

小学生の夏休み中、友達がみんな旅行に行っていたので、俺は一人で下水路の中に潜っていた。

マンホールの下に着いて、そこから上に出て行こうとハシゴを上っていると、俺の来たのと反対の下水路から、ボソボソ話す声が聞こえて来る。

大人の工事業者か何かだと思った俺は、見つかったら怒られると思いながら、マンホールのフタの近くでハシゴにつかまったまま息を殺した。

やがて、話し声は近付いてきて、俺のいるハシゴの真下まで来た。

見下ろす俺の真下に現れたのは、小さい人間だった。
一人二人じゃなく、十人以上が群がって話しながら歩いていた。

服装はよく分からないが、ミノムシみたいな格好をしていたと思う。

全員が、弁髪(べんぱつ)の長い髪の部分を切った様な髪型をしていて、頭部はしっかり確認出来た。

何かスゴイものが来たと思って凝視していたが、そいつらは俺に気付く事なく通り過ぎて行った。

誰かに言おとかとも思ったが、なんとなく今まで秘密にしていた。
アレは小人だったのだろうか?

公園は今もあるけど、下水に通じる穴は鉄柵で閉鎖されてしまった。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!