返し矢で殺された

AV仕様の最強媚薬・エロティカセブン

媚薬・エロティカセブン

知り合いの話。

彼の祖父はかつて猟師をしていたという。
遊びに行った折に、色々と興味深い話を聞かせてくれた。

祖父:「昔、時々連んでた鉄砲撃ち仲間がいたんだけどな。大分前に死んじまった。山に入っている時、誰かに鉄砲で撃たれてな。ああ、当然警察沙汰になった。あの時そこらの山に入っていた者が皆、取り調べを受けたりしたよ」

しかし事件は、調べが進むうちに奇妙な運びになったらしい。

祖父:「あいつの身体から出てきた鉄砲の弾なんだけどな、あいつが持ってた鉄砲から撃たれた弾だったんだと。旋条痕とやらが一致したらしい。おかしいんだよな。一緒だった奴らの話じゃ、あの日あいつは一発も撃ってないってんだから。明らかに余所の方角から撃たれたっていうし」

その時の同行者たちはしつこく取り調べを受けたのだが、皆がシロと判断された。
結局、この件は事故として処理されてしまったという。

祖父:「そのうちにな、別の仲間がおかしなことを思い出したんだ。『そういや前に飲んだ時、あいつ変なこと言ってたなぁ』って。死んだ奴な、その数ヶ月前に、あの山で変なモノを撃ってたらしいんだわ。大きくて真っ黒い、猿みたいな何かを。儂が思うに猿じゃないと思うけどな。地べたを二本足で歩いてたっていう、奴の話が本当ならばな。撃ったら倒れたんで駆けよってみたが、そこにゃ何もなかったんだとさ」

ここまで語ると、祖父さんは「ところでな」と話を変えた。

祖父:「返し矢って知ってるか?」

祖父:「この辺りじゃ弓矢の時代から言われとる、まぁ一つの古い呪いみたいなモンだ。射かけた矢を取られて逆に射返されるとな、これが絶対に命中すると言うんだ。だから返し矢。他の地方でもあるかどうかは知らん。弓矢を主に使ってた頃は、当たらなかった矢も出来るだけ回収してたそうだよ」

祖父:「猟師内じゃ『あいつ返し矢をされたんじゃないか』って噂されるようになった。誰にかって?あいつに撃たれた奴に決まってるだろ。正体なんかわからんがよ」

祖父:「儂自身は返し矢とか、実のところ信じちゃいないけどな。・・・案外と、大きな声じゃ言えねえ裏事情とかがあったのかもしれんし。まぁ何にせよ、人型のモノに矢鱈目鱈と撃ちかけるモンじゃねぇってことだ」

ここで酒を呷ると、祖父さんは話を締めくくった。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!