引きづりこもうとする声

AV仕様の最強媚薬・エロティカセブン

媚薬・エロティカセブン

同級生の話。

一人で夏山を縦走していた時のことだ。

小さなテントでぐっすり眠っていた深夜、どこか遠くから声が聞こえてきた。
「おーい」とくぐもったような声が耳に届く。

寝惚け眼を擦りながら「何だよ?」と呟いた次の瞬間。
グラッと地面が揺れた。

パッと目が覚め、慌てて辺りを調べたが別におかしなところはない。
地震の揺れでもないようだ。

「おーい」と呼ぶ声はしつこく続いている。
・・・この声、夢じゃなかったんだ。

恐る恐るテントから顔を出し「誰?」と返してみた。
と、また地面がグラッと来た。

緊張した。

周りの樹木は動いていない。
揺れたのは自分のテントだけだ。
首を引っ込めて、シュラフに潜り込む。

何だこの声?

聞き耳を立てていると、どうにも奇妙な感じがした。
声が地の下の方から聞こえてくるような気がしたのだ。

もう絶対に無視する。
そう決めて腹を括り、そのまま眠ることにした。

翌朝、テントから出ようとした彼は焦った。
入り口のファスナーを開くと、黒土が中に流れ込んできたからだ。

外に這い出してから、言葉を失った。

固い地面の上に設営した筈のテントが、二十センチばかりも大地の中に潜り込んでいる。
テントの周りの土だけが、まるで耕されたばかりであるかのように柔らかくなっていた。

「あのまま答え続けてたら、そのまま地の底に引き摺り込まれていたかもな。流石に怖かったよ。一人だったしね。」

山で「おーい」と呼ばれたらご注意ください。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!