俺ってもう一人いるらしい

AV仕様の最強媚薬・エロティカセブン

媚薬・エロティカセブン

自分にとっては不思議な話。
友達にとっては洒落にならない怖い話。

10年くらい前の話。
もう一人の僕が出現した。

友達から、昨日、本屋にいたのよね?と、僕には身に覚えなくて、???の状態。
友達曰く、声を掛けたけど逃げるように外へ出て行ったということ。

その日は仕事でその時間に本屋に行くのは不可能の状態。
友達に話したら、「それじゃ、よく似た人だったのか」となんとなく納得していた。

その数日後、友達がボーリング場でもう一人の僕に遭遇した。
その時、もう一人の俺は女の子とボーリングをしていたらしい。

その日は確かに彼女と遊びに行っていたが、ボーリング場には行っていない。
山梨県の本栖湖にドライブに行っていて、地元に帰ってきたのは深夜だった。

その話をしても、友達は「絶対、おまえだった」と。
その時、ボーリングには僕を知っている友達10人近くで行っており、みんなが目撃していた。
それと、今回は会話もしたという。

それから何日かたったある日。
仕事帰りにコンビニ寄った。
駐車場に入って行くと友達がいた。

僕を見て青い顔をしている。
どうしたのかと思い、車から降りて友達に近づく。

友達「どうしてこっちから来るんだよ」
僕「???」

友達「だから、どうしてこっちから来るんだよ」
僕「えっ、何を言ってるのか分からないんだけど・・・」

友達「今、あっち出て行った」
僕が来た反対方向に顔を向けて混乱気味に言った。

それから詳しく聞いたんだけど、もう一人の僕が駐車場から出て行って、車に乗ろうとしたら反対側から僕が入って来たらしい。

本当に10数秒の差だったらしい。
会話もしたし僕本人に間違いないらしい。

その時数十秒早くコンビニに到着していたらどうなっていたのか、と思うけれども。
僕にとっては不可思議な話。
友達にとっては洒落にならないくらい怖い話。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!