触ると異常に熱い雪だるま

仕事仲間の話。

山奥の倉庫で雪掻きをしていた時のこと。
入口をかたして車が出入り出来るようにしたところで、雪だるまに気が付いた。
倉庫の壁と山肌の間に、結構大きな雪だるまが鎮座している。

「自分以外まずここには来ないだろうに、一体誰が作った物やら」

不思議に思い、近よって手を触れてみた。

熱っ!

掌が火傷したかのように痛んだ。

慌てて手を引いたが、触れた箇所が少し赤くなっていて、冷気が凍みる。

「劇薬でも混じっているのか?うちじゃ扱ってない筈だが・・・」

腹が立ったのと気持ちが悪いのとで、無視することにした。

翌日は好天になり、周囲の雪はかなり溶けていた。
しかし、例の雪だるまは昨日見たままの大きさだった。
溶けている様子がまったく伺えない。

その次の朝も、雪だるまはまったく溶けていなかった。

放っておくのも不気味になってしまい、崩して壊すことにした。
バールを持ち出すと、えいやっと表面に突き入れる。

その次の瞬間、内から弾けるようにだるまはバラけた。
黒土の上に散った雪塊はすぐに溶け始め、あっという間に消えてしまったという。

彼はそれ以来、雪が降ると、倉庫の周りをしっかりとチェックするようになった。
怪しい雪だるまがひっそりと身を隠していないかと。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!