あの老夫婦は本当に生きているんだろうか

昔体験した気になる事。
確か5月か6月頃の平日、知り合いの兄ちゃんに連れられて江ノ島方面へ釣りに行った時の事だ。

徹夜で釣りしてたんだけど全然釣果が無く、場所を代えて寂れた漁港みたいなとこで粘ってて昼過ぎた辺り。
兄ちゃんは釣れないのと運転疲れで仮眠という名のふて寝中。
俺の方はいろいろな釣り方試そうとして、前の仕掛け片付けてるとガリガリっていう鉄を削るような音が・・・。

音がした方を見てみると、古そうな車が船を止めるロープを結ぶ出っ張り(r状のアレ)を車の腹で擦って立ててる音だった。

おいおい擦ってる擦ってる・・・って突っ込もうと運転席見たら、老夫婦が真顔で乗ってる。
ナンバー見たら札幌ナンバー。

この人達こんな所に来てまで何やってるんだ?てかまだ擦り続けてるし。

何かしらの珍事が発生していると認識し兄ちゃんに報告に行くと、兄ちゃんは既に起きていて忌ま忌ましげに例の車を時折睨みながら道具を片付けていた。

「おいっ、ボン(俺の事)もう帰るぞ」

片付け終わると直ぐさま帰宅。

その頃にはもう例の車は動いてなかったんだけど、車降りて確認とかせずに相変わらず二人して座ったまま。

帰り道、なんで急いで帰るのかと聞くと「ああいうのが出てくると今日はもうダメなんだよ。あと帰り上混むし」と言ってこの話はこれで終了しました。

翌日のニュースには車が海に飛び込んだといった事件は無かったと思います。

最近になってこの話を思い出したんだけど、本当にそういう伝承があるのか知りたくて書き込みました。
それとも単に帰りの首都高の渋滞が面倒になって話作ったんですかね。

兄ちゃんとは何年も前から音信不通なので本人に聞くことは出来ません。
ちなみに兄ちゃんの職業は的屋で出身は四国だったと記憶しています。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!