神様のご加護は存在する

家系の因縁かもって話、怖くはない。

私は今まで車に轢かれたことが2回ある。
1度目は前方不注意の車が横から突っ込んできた。
ブレーキとアクセルを踏み間違えたらしく、ぶつかった時に車のフェンダーは歪み、ナンバープレートが外れて飛んでいく程の衝撃だった。

2回目は自転車に乗ってる時に後ろから追突された。
車は結構なスピードを出していたようで、ぶつけられた勢いで私はぶっ飛び、近くの民家の窓に頭から突っ込んでガラスを大破させた。

2回とも大怪我や最悪死んでもおかしくないな状況だったが、不思議なことに無傷だった。
かすり傷や打撲すらなく、運転者や警察にも何度も本当に痛いところはないかと訊かれた。
事故の規模を考えると不気味なぐらいなにもなかった。

どっちも偶然が重なった不幸中の幸いと思っていたが、最近になってもしや?と思うことが分かった。

祖父が亡くなり、葬式の時はじめて自分の家のルーツというか、御先祖のことを親戚から聞いたのだが、1000年ぐらい辿ることができることが初めて分かった。

結構大きく歴史ある神社で司祭をしていた家系らしく、その神社は交通安全の守護をしているところだった。

私は毎年2回は訪れる程その神社が好きだったので尚更驚き、また別件での心当たりもあり、もしやこれは神社や先祖の加護かもしれないと思うようになった。。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!