迷うはずがない道なのに・・・

俺の体験談。

場所は新潟県の海岸沿い、角田浜近辺。

この辺は脇道とかに入ると、かなり昔から色々なホラースポットがいくつもあるんだ。
そんで、新潟県って横にすげー長いだろ?

このシーサイドラインって信号も少ないし県内の移動とか、ドライブなんかには結構良いので、ホラースポットの方に行かなければなかなか便利な道なんだよ(それでもいくつかのスポットは通過せざるを得ないけど)。

その日の夜は、古くからの仲間(♂)となんとなくドライブしてたんだ。

あちこち遠出して、帰りは角田浜のシーサイドラインを通って新潟市の中心部の方へ向かうY字路に向かって走って帰る。

Y字路を右に行くと山道を越えて別の町。
左へ行くと、しばらく走って新潟市の西側につながっている。

ここはもう何度となく通っているし、全然迷わない所なのね。

夜だって全然間違わない。
だけどその日は違った。

左に曲がると、そのまま道なりに20~30分で新潟方面なんだが、曲がって数秒でもう雰囲気がおかしい。

本当なら長~い整備された道路で民家なんか無いはずなのに、車がやっとすれ違える様な、生活道路。

道沿いにはそんなに古くはないけど、築30~40年程度の普通の田舎の家々。

風呂場の窓の灯り、台所?の湯沸かし器の換気扇の湯気。
すごく生活感ある。

あれ?間違うはずないんだけどな?

そう話しながら進んで行くと、どんどん道が狭くなり、家もまばらに。

なんなんだ、おかしいな?

でも、道は続いているのでそのままゆっくり前進してみたのね。

やがて民家も街灯も無くなり辺りは藪っぽくなって、ついに行き止まり。

で、、、、、、、絶句した。

古い墓場だった。

助手席の仲間と俺、ほぼ同時にさけび声を上げた。

バックするしかない。

道も狭い!
Y字路からほんの2~3分の距離だろうに、すごく長く感じた。

無事にY字路まで戻れた!

怖いからもう少し戻ってみた。

そいつとこの道で間違い無いよな?って何度も確認した。

やっぱり間違いない(と思う)ので、もう一回ソロソロとその道に入ってみた。

、、、、、いつもの整備された道だった。

2人して??な気分ながら、そのまま走って帰ったんだが、その道中で気がついたことがあった。

さっきの墓場に通じていた集落の家々、バックしてた時一軒も電気点いてる家や街灯が無かったよな?

恐怖のあまり、覚えてないだけなのか?

男2人して震えあがりました。

幻覚?2人とも??

実害は特に無かったけど、すごく気味が悪い経験だった。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!