一瞬だけヤバい空間に入ってしまった

友人Sが小学3年生のときの話。

当時、前スレでも書いた山で遊ぶことが日課になってた友人S。
いつものように、駄菓子屋で買ったお菓子を持って山へ向かう道をぶらぶら歩いていました。

そしたら、目の前にでかい殿様飛蝗(トノサマバッタ)が!

当時、昆虫大好きだったSは夢中で追いかけて行ったそうですが、細い獣道を駆け上がっていったら、いきなり拓けた原っぱみたいなところに出ました。

当時のSの膝上ぐらいまでの草が一面に生えた、学校のグラウンドぐらいの広さの場所。
その中に一軒だけ、ポツンと農具倉庫みたいなボロい建物が建ってのが印象的だったと言ってました。

その山に関してはある程度知ってるはずのSですが、そんな場所に心当たりなどなく、原っぱに出たとたんに背筋が凍るような、嫌な感じがしたそうです。

すぐに引き返そうとしたらしいのですが・・・いきなり、方向感覚が狂うというか、ひどい立ちくらみにあった時のように目の焦点が合わず、自分がどっちを向いてるかもわからない感覚に襲われ、進むも戻るもままならず、頭の中でパニックを起こしながらも、必死に目を凝らし、意識をハッキリさせようと試みました。

その時、いきなり20mほど先にある建物のドアが音を立てて激しく開き、そこから出てきた何者かがこちらに向かってきてる音がしたそう。

「ヤバイヤバイヤバイヤバイ」と焦りまくってたら、突然立ちくらみのような感覚が消え、原っぱから抜け出すことができたそうです。

草を掻き分け、物凄いスピードで何かが迫ってくる音を背にしながら必死でけもの道を走り抜けると、麓の神社に繋がる道に出れたそうです。

ほっと一息ついていると、目の前にはさっきの殿様飛蝗が自分を誘うようにぴょんぴょんと跳ねています。

それがまた不気味で、無視して家へと歩いている間、Sの目の前を必死に跳ね回っていたそうで・・・麓にある神社についたとたん、飛蝗はどこかへ消えてたと言ってました。

話し終わったあと、「飛蝗で子供を釣るとか卑怯やんなぁ・・・ついていくに決まってるやんねー」とSは笑ってました。

ちなみにSは今では虫が大の苦手です。

もう、飛蝗には釣られないだろうなぁ・・・なんて思ったり思わなかったり。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!