蝶が死体を消し去る

山番の話。

里山の奥を歩いていると、横手の木立中に嫌な物を見つけてしまった。

首吊り死体だ。
結構な日数が経っているのか、すっかり蒼黒くなっている。
饐えた臭いが鼻を突いた。

その時、直ぐ横を煌めく群青が通り抜けた。

蝶だ。
大きい。

昆虫の名前には割と通じていたが、その蝶の名前は皆目見当も付かなかった。

蝶は次から次へと現れて、どんどんと死体に集っていく。
あっという間に死体は群青色に覆い隠されてしまった。

呆然と見ていると、蝶々が一斉に飛び立った。
鱗粉を避けて顔を庇う。
ゆっくりと顔を上げてみると、目の前にあった死体が失くなっていた。

あれだけきつかった死臭も、綺麗さっぱり消えている。
目の前には、ボロボロに傷んだロープが、ゆらりと風に揺れているだけだった。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!