投げ込まれた大量の・・・

先輩の話。

学生時代、仲間内でキャンプをおこなった時のこと。

シーズンから外れていたせいか、キャンプ場は彼らの貸切状態だった。
夜ともなればもう宴会状態で、酒の勢いもあって散々盛り上がっていたらしい。

「次は誰が芸をする番だー?」

呂律の回らない声で先輩が叫ぶと、背後の闇中から女性の声がした。

「次は私」

・・・今の誰だ?
一気に酔いが覚め、ぞくりと辺りを見回した。

次の瞬間、濡れた物がビタビタビタッと彼らの頭から降り注ぐ。

魚だった。
生きた魚が大量にキャンプ地に投げ込まれてきたのだ。

慌ててテントの中に逃げ込むと、魚の雨はすぐに止んだ。

恐る恐る外に顔を出すと、そこかしこで川魚がピチピチと跳ねている。
声はそれきり二度と聞こえなかったという。

魚は皆で可能な限り戴いたそうだ。

「誰かはわからないけどちゃんと礼も言っておいたよ。見事な芸でしたって。魚ありがとうって」

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!