あの時見かけた女の子の正体

小学4年のころ、近所の女の子5人と山に行きました。

家は山に囲まれた盆地でしたので、小学校の裏にも、ちょっと行けばすぐにでも、山があったのでよく子供だけで行っていたのです。

その山には川が流れていて、深さは子供の腰くらいで、岩も大きなのがごろごろとあって調度いい泳ぎ場がありました。

遊んでいると女の子の1人が、「足のマメを魚がつつく」というので、うそだーと言っていましたが、あまりにも言うので、みんなでもぐって、水の中の彼女の足を見ました。

確かに小さなメダカみたいな魚が彼女の足の親指にあるマメをつついてます。
私は顔をあげて、友だちに話し掛けようとしました。

すると、そこには誰もいなかったのです。
今まで、その子の足を4人でもぐってみてたのに・・・。

うっそーんと思って川からあがると、向こう岸に(といっても3mくらいの川)白いワンピを着た女の子がすごい顔でにらんでいます。

あんな子いたかな?と思ってよくみたら、ずぶ濡れなのです。

迷子かなと思った瞬間、後ろから髪をひっぱられました。
後ろを振り向いても誰もいず、向こう岸の女の子もいなくなりました。

その後、ひとりで自転車に乗って帰ったのですが、一緒に行った女の子たちは私が急にいなくなったから心配で家に戻ってたそうです。

思い出としては「メダカは人間の肉を喰うのか?」というのが強かったんですけど、やっぱずぶぬれの女の子が怖いですよね。

でもその時は怖いっていうより、心配でした。
迷子かなって・・・。

この間、5年ぶりに会う友だちがいて、4歳の女の子をつれてたんですが、件の女の子にそっくりでびびりました。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!